2008年06月

葱坊主にあらず□

img20080614.jpg
これは、葱坊主に見えないけど、菖蒲の蕾。

葱坊主にあらず

img20080614.jpg
地元の大きな公園の菖蒲まつり。
つまり、菖蒲の蕾。

仕入れ

昨日今日と、内職用の天然石ビーズの仕入れ。
国内では最大規模の石のイベントなのである。
仕入れ財布は、自分財布と別に、普段の500円玉貯金から捻出。それ以外に、少々ある売り上げ。

欲しい石は沢山あるけど、なかなか全ては無理なので悩みながらお買い物。
それにしても、原油高のあおりか、微妙に物価高を感じる。
おそらく、天然石の9割以上は海外産出。そうすると、輸送コストは当然かかるからね~
出来れば内職に響かない程度で収まって欲しいもの。
とはいえ、原価計算をしっかりするくらい売り上げがあがるとイイのだけれど…

本作りもそうだけれど、トントンよりやや上位を目指したいなぁ。
売り上げで次回の予算をたてられると楽だなぁ。
同居人に、石用新サイトを立ち上げるべく、協力を依頼しているが、なかなか話が進まない。
新作が出来たら披露する場が欲しいんだよね。

とにかく、新作を作るべく、まずは仕入れデス(笑)

大人の見る夢

子供の頃、凄くトイレに行きたい夢をよく見た。
夢の中でトイレを見つけて、用を足すと夢から醒めて、場合によってはおねしょ。

今朝方、凄くトイレに行きたい夢を見た。
トイレを長時間探し続けて、ようやく用を足そうとすると、…出ない!凄く用を足したいのに、無理。
何故?我慢し過ぎて病気になった!
出ないのは辛い…
というところで目が醒めた。

起きれば、普通に用は足せた。よかった。

それにしても、眠りながら理性が働いているのか?
夢は身体に合わせてセーブしていたのだろうか?
まぁ、身体が夢に合わせてしまうと、それはそれで病気らしいけど。

身体の様子が夢の内容に反映されるのは、年齢を問わずあるだろう。
その上で、病気でなくても、子供は夢に引きずられてしまう事があるが、大人は身体の様子で、より夢の内容を複雑にするのかもしれない。

それにしても、イイ年齢こいて、おねしょしなくて何より(´∀`)

出来る事と、やりたい事

絵を描くのも、漫画を描くのも好きだけど、仕事にはならない。
適職と天職というのがあって、好きでやる事と生活の為の仕事みたいな違いらしい。

天職探しは、多分必要じゃない。自分の為にやりたい事なら、それになる可能性を含んでいるから。
では、敵職はというと、こちらの方が難しくて答えに巡り会えていない。
細かい作業とか、物を造るのは向いている。でも何を造る(作る)のがより向いているかは、解らない。
カウンセラーも向いている気がするけど、仕事になるだろか?(これは天職向きか!)
それを生業に出来ないと判断するのは難しくないみたいなんだけど(笑)
絵本画家になりたかった事も、漫画家になりたかった事もあるが、どちらも向いていない。
それが何故かという解答には、随分前に出会っていた。
上手く言葉で表現する手段は持たなかったが、さっき近い言葉を見つけた。

「本場の絵画に接した結果、画家になったほうがいいのではないかという幻想から解放された 」

これは、ゲーテの言葉の要約。
意味が同じとは限らないが、これはイイ表現だ!
自分がならなくてもイイという意味では違わない。
ちなみにゲーテは、色彩を勉強する人間には、避けて通れない先駆者である。

まぁ、挫折の考え方はさておき、敵職として、生活に困らない収入を得られる仕事に早く巡り会いたいものだ…
プロフィール

drecom_akogarekazu...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ