2006年09月

手紙に込めるもの

おぢさんは、手紙に掛ける時間や過程を大切にしている。
本人も云うし、詩のも書かれているが、手紙の下書きに込められた想いを感じるらしい。
云いたい事はわかるけれど、実はこの考えはあまり好きではない。

だって、下書きは他の紙にしろと云いたいから。
鉛筆の線を消しても筆圧の跡が残った便せんは美しく無い。何度も直せば、消しゴムが紙を悪くする。
だから、鉛筆でも下書きは、本番の紙(便せん)にするべきではない。
下書きではなくても、手紙の筆記用具が鉛筆はマナー違反だしね。(←許されるのはギリギリ中学生迄)

それにさ、下書きの跡が残っている手紙を出すのは、手紙に時間をかけました!と云っているみたいで「私髪を切りました」を相手に伝える位、不躾な気がしてしまう。

手紙の下書きは、ペンで書き、気に入らなかったら便せんを変える!贅沢なやり方かもしれないが、手紙に掛けた時間と便せんは、相手に送らずに自分だけ解っていればイイじゃない!!便せんがもったいないなら、他の紙に下書きをして、まとまってから本番にすればイイでしょ。

おぢさんの、手紙に対する想いは、セイヤングの葉書に偏るかもしれないが、中学生迄なら納得しよう。でも、それ以上なら考えようよ。

手紙に掛けた時間は、相手は知らなくてイイ。これは、手紙に込めなくて良いものだと思う。

クラリセイジ

香りの話が続くが、「クラリセイジ」。
少しはアロマを勉強したので、役に立つ使い方を心がけていることもある。
香りっていうのは、効果が強くても絶対副作用がないという優れものだある。

クラリセイジという奴は、ホルモンバランスを整える作用がある。
憧葛は、月に一度、とある理由でのたうち回る症状を体験しているのだが、今月は薬を切らしていた。
で、クラリセイジの効用を思い出して、吸引(脱脂綿越しに)。

これがさ、効くんだなぁ。
香りとしても悪く無いし、1~2滴で充分足りるし。
体調が悪くても、コンサートの日は変わらなので、わざわざ三郷まで行くのに心配もあったけど、どうにかたいして辛い思いをせずに済んだ。

アロマ用のエッセンシャルオイルは、けして安くは無いけれど、効果と香りを考えると相応な価値はあると思う。

ラベンダーの香り

img20060914.jpg
安眠や精神を落ち着ける働きをする香りだと云われる。殺菌作用もあるし、芳香剤のイメージさえ除けば、人気のある香りだと思う。
この香りが大好きだと云う友人が、けれど、それは彼女には落ち着けない香りであると話す。一般的には落ち着くと云われるが、逆に興奮するのだとか。

その理由を、特に考えた訳ではないが、ふと、思ったことがある。
落ち着いたり、リラックスするには、落ち着いていなかったり、リラックスしていない状態である必要があるから、穏やかであれば、もしかすると、逆の効果があるのかもしれない。

ちなみに憧葛も、ラベンダーの香りで、リラックスしない(興奮もしないが)。

写真は、その友人にもらったラベンダーブレンドのコロン

あれ?

数日前から、お金を下ろしてこないと、財布がさみしい。
でも、銀行に行き忘れていたら、今日は、おぢさんのニューアルバム発売日ではないか!!
気付いて良かった。店行ってお金なかったら大変。

丁寧な言葉

その時の、場(相手)にそぐわない丁寧な言葉は、イヤミや嫌がらせに聞こえることがある。
例えば、ラッシュの電車で「ドアを閉めさせて頂きます。」何て、閉めたいのに閉められないことに対するイヤミでしかない。
同様に、場違いな丁寧語で誉められると、嫌がらせかと思えることがある。
言葉にもTPOが大事だと知る必要があるんだよ、新人ちゃん!21歳にもなってそれが解らないと、周りの怒りと、不信感招くのだよ(`へ´)
プロフィール

drecom_akogarekazu...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ