2005年04月

何故日本人は桜が好きなのだろう?
その謎を解こうなどと、大それた事は思わないが、それでも不思議なくらい好きなのだ。

今年の僅かな桜の季節は、もう盛りを過ぎたらしい。
新芽が顔を出し、そして雨が降った。
桜は雨を連れてくる。
咲く時だったり、散る時だったり様々だけれど、必ず何処かで雨とともにある花。
雨で散る桜の切なさは、なんと言い表したらいいか。
桜は人を惑わせ、切なくさせる。
酔わせるのか、勝手に溺れてしまうのか、いずれにしても桜特有の感性と季節感の中に日本人はいるらしい。
で、その事に倖せを感じている。

処で、「つゆのあとさき」の”花びらに中”って何の花びら?
イメージは桜なのだが、つゆのあとさきっていつ?
トパーズ色の風って黄砂だから、やっぱり春?

黄昏時

夕方の、そんな名前の時間は、もうこの頃のこの辺には存在しない。
でも、少しだけ似た時間が、稀に訪れる。

明るいけれど、雲に覆われた、夕焼けのない夕方。
色はないけれど、昔、宇宙刑事が闘っていた異空間のような空。
ふと自分の着ている白いシャツの色が、ブラックライトがあたった時の色を放っている。
ワクワクした。
別に好きな訳ではないその色の名前は知らないが、黄昏時の一時にしか見られない色である事は確か。
プロフィール

drecom_akogarekazu...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ