2005年03月

続、才能のオリジナリティー

運も才能の内というが、そういう事って確かにあると思う。
かなりオリジナリティー溢れる才能の一つ。
で、おぢさんは金運以外の運の才能がかなりあると。
どんな大物歌手だって、デビュー2曲目でヒットするなんて稀だろうし。
ともかく、売れる才能があったのである。

さて、運も才能とはいえ、才能があっても、運がない人だっている訳だ。
掛け値なしに、全ての才能に恵まれていたら、
チキガリはもっと早く、良い事務所からデビュー出来ていたはずだ!
その辺良く考えて貰いたい!

あれだけの、大借金を返せたのは、運だけではなかったはずだが、
それがすべて、実力だと勘違いしていないか?さだ企画!
おぢさんの運は、普通じゃない凄い才能なんだ。
おぢさんのみを基準に考えてはいけない!
仮に、金運を犠牲にして勝ち取った運であったとしても…

とりあえず、さだ企画には、金運ありませんから~残念!

そういえば

この「独りごと」(ブログ)は、各項目の下の、コメントから、
コメントする事が出来ます(笑)
メールより簡単に意見出来るので、お気軽に悪口云っちゃって下さい。
特に、おぢさんについて、憧葛の考えている事は、かなり偏っているので
色々お話聞けたら嬉しいです。

って、今頃云うことか?

ピザまん

その昔、あんまんと肉まんしか世の中に存在しなかった。
それが、いつの頃だっただろうか、ある日「ピザまん」なるものが出現した。
幼心に胸を踊らせた。
好きな、中華まんの皮の中に、大好きなピザが入っているというのだから、ワクワクしない訳がない。
さすがに、パイ生地は入っていないだろうが、色んな具とトマトソース、そして何より、とろ~としたチーズを想像するのは不思議なことではなかったと思う。

そして、ピザまんとの遭遇の日が訪れる。
少ない小遣いから、その為の費用を捻出。
パクッ、っといったその一口が訴えたのは、想像とはかけ離れた、トマトペーストのような物。
具はあっただろうか?
少なくとも、そこには、チーズの面影は皆無であった。

この悲しい体験は、以後数年、ピザまんとの縁を断たせるものであった。

しかし、中華まんは、どれをとっても、かなりの進化を遂げてきた。
ピザまんとの復縁は、なし崩し的におとずれ(納得はせずとも)、何時しか、美味しく楽しめるものに変わっていった。

で今日、立ち読みに寄ったコンビニで、何となくピザまんを購入。
帰り着くまで、ちょっとソワソワ。

それにしても、美味しくなったよなー
やっぱり、井村屋だよね。

里帰り三部作

「指定券」「最終案内」あと1曲というと何だろうか?
同居人は「フェリー埠頭」だというが、「ステーションホテルから電話をするから」という歌詞には、里帰りの匂いが薄い。
一説には「驛舎」という話もあるらしい。

果たして、真実は?って程の事はないが、ご意見があれば、頂戴したいもの。

試験?

訳あって、試験を受けさせられて約2週間。結果を教えられないというのは、ちょっと気になる。

国語30分、数学40分、適正検査約40分。
国語は、自信はないが、相応の出来。
数学、これはいけない。サッパリに近い。
適正、これは、深く考えず面白かった。結果の予想が着く。自己判断的には、地味だが目立ちたがりの空想家(笑)もしくは、堅実な引っ込みじあんの野心家(笑)

実は、試験結果はどうでもイイと言われている。言っているのは上司。 受けたという事実だけ、大事らしい。今後、同じ理由で試験を受ける人がいた時に、前に受けた人間の結果が基準になるのだそうだ。結果を公表しないから、あとから受ける人間に、何とでも言えるのである。そこが最大のポイント。

まあ、何とか試験は終わった訳で、ヨカッタヨカッタ、なのだ。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ