img20091124.jpg
丹華の妹を見つけるべく、猫の保護をしている方から、二匹の妹候補を預かってきた。
キジ白と三毛で、どちらも可愛いこである。

満を持して、二匹と丹華を対面…と思いきや、不穏な空気に丹華は毛を逆立てご立腹。
ゲージに入っている二匹を見ようともしない。わざわざ連れて行っても、ダッシュで失踪の始末。
しばらく様子は変化なく、不穏な空気は感じものの、二匹も思っていたよりゲージで大人しげ。
気にはなるが、どうしても出かけなければならいけない用事に家をしばらく空けるのだが、二匹のゲージを繋げる為、微妙に隙間がある状態で外出。

そして帰宅すると、ゲージは空っぽで二匹の姿はなく、丹華も出て来ない。
?と、家の中を探すと、人間のベッドの上で遊ぶ三毛と、丹華お気に入りの寝床の中にはキジ。
主になるはずの丹華は、押し入れ引きこもりで「シャーッ!」

前途多難な幕開け。