くんちを見られないのに、わざわざ連休に長崎に来た目的は、やはり食べる為!と云いたいところだが、実は「長崎市制施行120年」のイベント「大還暦」コンサートの為。

夏の野外コンサートに比べたら体も時間的にも楽!
ゲスト、メインゲスト含め、充実の顔触れ!
日差しのあるうちは暑い位だが、そこは山の上、日も暮れて、メインゲストの時間ともなるとこたえる。
メインゲストの曲目に多少の不満はあったものの、久々稲佐山のコンサートは、心が躍った。

コンサートを楽しみ、その後の友人達との時間と酒や肴を堪能し、長崎の夜は更けていったのだった。