img20090904.jpg
この頃サボりまくりの上、猫ブログ化している気がする(笑)

で、やっぱり丹華の話になるのだが、猫の考えている事って難しい(-.-;)
うちには、憧葛と同居人しか居ないのだが、対する態度が随分違うらしい。
多分、丹華は憧葛の方が好き(だと思う)。
どの位好きかと云うと、食べちゃいたい位。
だって、かじる。怪我になる位。
ただ、座っていると膝に乗ってくるのもこっちだし、布団もこっちの方が好きらしい。クッションは同居人の方が好きみたいだけど。
で、先に帰った方が夕飯を作るルールの我が家では、台所に立つ時は必然的に双方同居人は居ないのである。
すると、退屈していた(かもしれない)丹華の遊んで攻撃に合いながら料理をしなければいけなくなる。
丹華は台所の立ち入り禁止の身である(危ないからね)。だが、フェンス代わりの風呂の蓋の向こう側で、悲しげに(?)鳴きまくり、心を鬼にして無視すると、いとも容易く蓋越えをしてくれる…
仕方ないので、しばらく遊んでから再度台所に立つのだが、疲れる。
これが、同居人だと台所に興味を示さないらしい(台所でなく同居人に興味がないのか?)。
この辺も、憧葛の方が好かれていると思われる由縁なのだが、同居人に言わせると「舐められている」のだとか。

それにしても、遊ぶといっても、膝に乗せて(乗ってきて)撫でてやるだけなのだが、あまりに嬉しくなると噛みつき始める。
因みに、一度風呂に入れた時は、出てからすぐ逃げたが、それを恨んでいる様子はない。

丹華がどう思っているか知らないが、噛むのはやっぱり味見かなぁ?

何にしても、可愛いのだ。