img20080623.jpg
通勤路で、地面にボトボト落ちている花を発見。
椿みたいだなぁ…と思って近づいてみる。
椿だ。
夏椿って奴ですね!夏椿といえば、またの名を「沙羅」。沙羅双樹の事だな。
平家物語の冒頭の有名な一文に出てくる「沙羅双樹の花の色」畢生の理だ!
あの椿の容赦なく花が落ちる様は、まさにそんな感じ。

夏椿は、街路樹の下の植え込みになっているのを見たことがあるけど、ちゃんと樹になっていて、花が咲いているのは初めて見たかもしれない。

知る人ぞ知るだが、沙羅というのは、憧葛にとってはかなり感慨深い名前。