わけ有って、一泊二日の神戸旅。
観光名所も美味しいものもいっぱいあるこの街で、限られた時間で何を優先させるかは難しい問題。

やっぱり“食”第一なので筆頭にあがったのが、牛。
神戸ビーフといえば、泣く子も笑う極上品ですよ!
高級品だけに、ディナーは夢のまた夢なので、ランチでガイドブックにあった店を尋ねてみた。
ヒレ100g、焼き野菜、御飯、赤だし、コーヒー付きで1600円はお値打ちでしょう!
目の前の鉄板でシェフが焼いてくれる、見事な技までついてこの値段です。
タップリのニンニクをバターでカリカリにして、その油で焼いたヒレ肉と野菜は抜群な訳だ!
ヒレ肉のジューシーさと柔らかさは感動の笑みを抑えられない程。
至福のひととき…
ちなみに、シェフの片付け技がまた凄かった!

夕食に入った居酒屋でたまたま頼んだ炭火焼きセットの牛肉も楽しめて、スジ煮込みなども良かった。更に次の日の昼は、時間がなくて食べたかった明石焼き屋に行けなかった代わりに、1050円のステーキランチであった。

まさに、牛肉つくし!
神戸は美味しかった。