職場の平均年齢は高い。今の日本の高齢化社会の縮図のような所だ。

昨日から、新人研修で人が来ている。うちの課に入る訳ではないが、たまたま最初がうちの課だった。
うちの課は、憧葛以外の人の平均年齢が55歳を越えるような所である。次に若い人でも17歳も離れている。そこへ、19歳がやってきたのだ。
憧葛は、課内最年少状態で随分長く過ごしてきた。世間では若いとは言いきれないが、それでも若いと言われてきた。
しかし!流石に19歳を目の当たりにして、歳の差を感じずにはいられない。
自分の年齢位解っている。
月日の経つのは早いものだなぁ…なんて思ったりする。
あぁ、一番年下の従姉妹よりも若いのか。

それにしても、平均年齢、55歳以上(一人を除いて)は、どう?
会社の行く先に不安を感じているのは、けして自分だけではないはずなのだが…